エコハウスってなんだろう?

太陽光発電 オール電化
二つの性質を考えたとき ECO、とは

ECO、とは

ここまで書いてきて、一つ重要なことを書き忘れていたことに気が付いた。『エコハウス』とは一体どんな条件の不動産の事を指しているのか、ということだ。

というわけで、一般的にこれがエコハウスという条件が5つある。

自然に負担をかけない
自然環境に対して有害物質を発生させない、廃棄時には極力自然に近い状態に戻る素材を使っている
人や動物の健康を害さない
人や動物の健康に害を及ぼすような有害物質が発生しない、欠陥の無い安心して住むことができる
自然エネルギーを積極的に利用している
極端とまではいかない、なるべく電力が発生しなくて、快適に過ごすことが出来て、太陽光や雨水などの自然エネルギーを有効的に活用できる
土地や地域に配慮する
人が住むのに適した土地に建てられており、それぞれの地域の風土や習慣、素材を生かし取り入れてある
過剰な設備は取り入れない
快適で住みやすい環境を作ることはいいかもしれないが、必要以上に過度な設備を設置していない、人間的に最低限生活できるレベルの施設のみを入れてあるという、それぞれの項目をクリアしていう住居をエコハウスとして初めて主張できる。

なんとなく読めばそれほど難しくないと思いがちかもしれないが、まず携帯やパソコンといった電子機器は生活していく上ではどちらかという娯楽家電といった分類に当てはまってしまうので、家の中で仕事などの用途で使用しない場合は過剰な設備と見れなくも無い。携帯については、家に固定電話がなければ必要最低限とみなすことも可能かもしれないが、パソコンは仕事で使うという理由が無ければもしかしたら難しいかもしれない。

現在環境省が全国規模で推し進めている『20のチャレンジ』という、全国各地で前述で述べたような条件を全てクリアしたエコハウスを建設している計画を進めている。北は北海道から南は沖縄まで建設している。それぞれの県の気候などに併せての地域や土地、そして生き物に優しい住宅を作って、地域の人たちにアピールしている。

環境省がエコハウス事業を推し進めている目的としては以下の通りである。

という、その土地に住んでいる人を含め、これからそこへ引っ越そうとする人たちも、これから先長く快適に住める住宅作りをしてもらいたいという思いをこめて、事業を進めている。

地域の活性化という面では確かに、過疎化が心配される田舎などで取り組みが本格化すれば、小さいながらもその街の存続関わる希望を見出すこともありえるだろう。

確かに環境問題に取り組むということでエコハウスを作るということであれば悪くないかもしれないが、生活していく中でこれが無ければ不便というものを欠いてまで生活することがエコに繋がる、ということではない。

そこははき違いてはいけないことかもしれないが、野生的に生活に憧れているなどの理由があれば、雨風をしのぐだけの家でも問題ない無いだろうが、現代日本でそんな逞しい精神を持っている人は珍しすぎるから、まず無いだろう。

エコに取り組もう
将来のことを考えて不動産を購入したい、ただ予算はそれほど多くはないという方にオススメしたい高槻市 中古一戸建て 売買の情報を多数掲載しております。 詳しくお知りになられたい場合は、どうぞお気軽に問い合わせ下さい。
中野から電車1本、西船橋 東京メトロ東西線で不動産を探してみましょう。 都心のように都心とは違う、緑と人工が共存する街で暮らしていく楽しさ、きっと出てきます!

こうしたエコハウス建築のための事業は徐々に進められており、現在では定期的に全国的に会議が開かれている。世界規模で二酸化炭素の排出の危険性が嘆かれている今、こういった住宅を増やしていくことで地球を助ける、という名目では非常に大義名分として成り立っていると思うが、実際問題として一から家を作るだけでも費用が掛かるという問題が必ず立ちはだかる。

アベノミクスで経済が回復の兆候を見せているといわれている昨今だが、その影響が一般家庭にまで浸透しているのかということを考えると、効果としてはまだまだ発揮されていないといえる。不安定な雇用情勢で給与が安定していない人が増え続けている人もいる中で、こうしたエコハウスが環境に良いから建てなさいという、言葉で強制を掛ける様なことになってはそれこそ本末転倒になってしまう。

費用も無いのに家を建てろなんて無茶振りをされても、出来ませんの一点張りで答えるしかない人が一体何人いるだろうか。金銭的な問題としては今の日本の情勢を考えても、普及はまだまだ先になるだろう。

これからもこれから先も、私どもは地域の皆さまのお役にたちたい!と願っています 。日立の街で、地域の皆さまに愛される会社になりたい!と思っています 。日立のアパートに任せて良かった、と喜んでいただけるように、私どもスタッフ一同これからも日立の街と一緒に成長したいと思っています!不動産のことならぜひお気軽にご連絡してください!

人間と自然が共存していくことが、今後の人間が生きていく環境を作っていくための課題と認識をしている人は多いと思う。その中でエコハウスを建てればいい、太陽光発電を取り入れればいいと言った、費用が掛ければ環境問題への改善として貢献できる、という考え方を持っている人も少なからずいるかもしれないが、ほとんどは自分達の生活が安定するための手段としてみているのは間違いない。

周りを助けるための取り組みは大切かもしれないが、必要以上に生活に悪影響になるような取り組みでは生きること事態がつらくなるかもしれないのに、自分を犠牲してまで自然を助けようなんて考えは今の人たちではいたら希少種として認定できる。

さて、色々遠回りしたかもしれないが、エコハウスというものが、この記事を見て理解できるかどうか分からないが、少しでもこんなことがある、こんな取り組みがあって、こんな制度が実施されているんだなぁという、知識を深めるのに役立てれば幸いです。

エコハウス、家を建築しようとしている人はこの機に建ててみたらいかがでしょうか?